時短応じない22店舗に「個別要請」 三重県

三重県は22日、緊急事態宣言に伴う休業要請や営業時短要請に応じていない県内の22店舗に対し、新型コロナ対応の特措法に基づく「個別要請」を実施したと発表した。要請は21日付。

県によると、個別要請を受けたのは、接待を伴う飲食店が4店舗、居酒屋が12店舗、それ以外の飲食店が6店舗。酒類の提供などを見回りで確認し、指導をしても従わなかったことから実施した。

県は7日付で30店舗に個別要請を実施。14日には1店舗を追加していた。このうち2店舗は要請に応じたが、残る29店舗は現在も要請に従っていないといい、県は引き続き指導する方針。

個別要請を受けた店舗が要請に応じない場合は、都道府県による「命令」が可能となり、命令に従わなければ30万円以下の過料が科せられる。店舗名は「客が殺到する可能性がある」として公表していない。