20人が感染 病床使用率54日ぶり30%下回る 三重・新型コロナ

三重県は22日、10歳未満―50代までの男女20人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。病床使用率は54日ぶりに30%を下回った。県内の感染者は延べ1万4486人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、四日市市と鈴鹿市で5人ずつ、津市で4人、鳥羽市で3人、菰野町、桑名市、亀山市で1人ずつ。このうち6人について、今のところ感染経路が分かっていない。

鳥羽市内の小学校に通う児童3人は同じクラスで、教員の接触者として検査を受けて陽性と判明。校内で教員の接触者として検査を受けていた教員や児童ら53人は、この3人を除いて陰性だった。

また、県は8月28日―9月20日までに発表した感染者のうち151人に実施した変異株検査で、92・7%に当たる140人について、デルタ株を含む「L452R」への感染が判明したと発表した。

22日現在の病床使用率は前日比7・5ポイント減の29・8%。重症者用病床の使用率は1・8ポイント増の20・0%。自宅療養者を含む入院調整中の感染者は324人で、前日から40人減少した。