時短協力金に84億円 県が補正予算案を発表 三重

三重県は21日、緊急事態宣言下の営業時短要請に応じた飲食店への協力金に84億870万円を追加する一般会計補正予算案を発表した。22日の県議会本会議に提出し、即日採決される見通し。

県によると、宣言が30日まで延長されたことを受けて計上。全額を新型コロナに関連する国の臨時交付金で賄う。新型コロナ関連の予算は令和元年度最終補正以降の総額で約2052億円に上る。