県ゴルフ連 とこわか国体中止 出場予定選手らに協賛品 鈴鹿市から感謝状 三重

【ヘッドカバーを末松会長に手渡す谷川会長(左)=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市の三重とこわか国体・三重とこわか大会鈴鹿市実行委員会(会長・末松則子市長)は21日、同市役所で、両大会の協賛品としてゴルフクラブのヘッドカバー500個を提供した津市西丸之内の県ゴルフ連盟(谷川憲三会長)に感謝状を贈呈した。

新型コロナウイルス感染症の影響で両大会が中止となったため、同市のほか桑名市、四日市市でのゴルフ競技会に出場予定だった選手や監督、計441人に記念品として配布する。

ヘッドカバーは、ヘッド部分に両大会マスコットキャラクター「とこまる」のぬいぐるみを施した。評価額は124万円。

谷川会長が「三重の国体でゴルフ競技は初めてということで、気合いを入れて準備を進めてきたので残念だが、出場予定だったみなさんに届けてほしい」とあいさつし、末松会長にヘッドカバーを手渡した。

末松会長は谷川会長に感謝状を贈呈し、「全国の選手らがとこまるを見て三重や国体のことを思ってもらえれば。次の国体に向けて頑張ってもらえるよう期待している」と謝辞を述べた。