伊藤陸(近大高専)、跳躍2冠 陸上日本学生対校選手権、三段跳びも制す

【伊藤陸=近大高専】

陸上の日本学生対校選手権最終日は19日、埼玉県熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、男子三段跳びで伊藤陸(近大高専)が日本学生新記録の17メートル00で3連覇するとともに、17日の走り幅跳びに続く2冠を達成した。

日本歴代3位に相当する記録。走り幅跳びでも6月の日本学生個人選手権で出した自己記録8メートル00を上回る8メートル05の好記録で優勝を果たしていた。

近大高専6年目の20歳。菰野中卒業後、近大高専に進学し、4年目の2019年に三段跳びで20歳以下日本新記録を出して注目された。