水素エンジン車、鈴鹿走る ガソリン車とパワー同等 トヨタと川崎重工会見 三重

【水素社会の実現に向けて話すトヨタ自動車の豊田社長=鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで】

【鈴鹿】トヨタ自動車(本社・愛知県豊田市、豊田章男社長)が開発する水素エンジン搭載車両が18、19日に三重県鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで開催の四輪レース「スーパー耐久第五戦」に参戦した。18日、同社は水素の運搬に協力した川崎重工業(本社・兵庫県神戸市、橋本康彦社長)と共同会見を開き、豊田社長や橋本社長らが水素社会の実現に向けた挑戦について意欲を示した。

量産車を改造して走行する全9クラスの五時間耐久レース。水素エンジン車両は、水素を燃やしてエネルギーに変えるエンジンを搭載する。

水素エンジンの開発スピードを上げることを目的に、5月から実験的車両として参戦し、鈴鹿が3戦目。今回のレースでは「はこぶ」をテーマに、川崎重工業と岩谷産業、電源開発の3社が連携し、オーストラリア産の褐炭から作った水素を空輸したほか、福島県で製造した太陽光による水素をトヨタ輸送のバイオ燃料トラックで運搬し、2種類の水素を水素エンジン車両に供給した。

会見では、レースのドライバーを務める豊田社長が「選択肢を広げる挑戦。一戦一戦の積み重ねで(業界を超えた)仲間が増えている」とあいさつ。車両の構造変更により、給水素時間が第一戦目より約3分短縮したことや、エンジンの出力が上がりガソリン車と同等のパワーが出せるようになったことなど、車両の性能向上を報告した。

川崎重工業は今年度中に、世界初の液体水素運搬船で、オーストラリアから日本に水素を運ぶ実証をする計画を進めている。橋本社長は「トヨタの思いに共感した。モータースポーツを通じた安心安全な社会をともに実現したい」と話した。

会見後の取材で、鈴鹿で水素自動車を走らせる意義について、トヨタの佐藤恒治執行役員は「モータースポーツの聖地鈴鹿で明るい話題を発信できるのは喜ばしいこと」、川崎重工業の原田英一水素戦略本部長は「一昨年の鈴鹿八耐でカワサキが優勝した鈴鹿を通じて世界に情報発信されることの意味は大きい」とそれぞれ話した。