棚田に真っ赤なヒガンバナ咲く 亀山、川沿いには白い花 三重

【真っ赤な花のヒガンバナ=亀山市安坂山町の坂本棚田で】

【亀山】三重県亀山市安坂山町の坂本棚田で、彼岸の日を迎えるこの時季、真っ赤なヒガンバナの花が咲き誇っている。

棚田百選に選ばれている野登山麓の南斜面に広がる「坂本棚田」は、約440枚の田があり、田ののり面が石積みになっている。また、坂本棚田へ行く途中の同市両尾町の安楽川河川敷右岸には、珍しい白い花のヒガンバナも咲いている。白いヒガンバナは、町内の住民らが約30年前、種をまき、7年ほど前から花が咲き出したという。

この日19日には、市内外から訪れた人らが、坂本棚田を散策し、景観を楽しみながらヒガンバナの花をカメラで撮っていた。

【真っ白な花のヒガンバナ=亀山市両尾町の安楽川河川敷で】