「命を守る行動取って」 コロナ対策 知事、外出自粛呼び掛け 三重

【記者会見で、県民に外出自粛を呼び掛ける一見知事=三重県庁で】

一見勝之知事は17日、新型コロナウイルス感染症対策本部員会議に初めて出席した。会議後は18日からの連休を見据えて「命を守る行動を取ってほしい」と述べ、県民に外出自粛の徹底を呼び掛けた。

県によると、一見知事の就任後としては、初の本部員会議。対策本部長を務める知事が交代したことに伴う情報共有や、人流の増加が懸念される連休に備えた対応の確認などを目的に開いた。

会議では、部局長らが感染防止対策の取り組みを報告した。県土整備部は秋の行楽期を前に観光地などで対策を呼び掛けると説明。県警本部は道路情報板などでの注意喚起に努めると報告した。

一見知事は「先を見据えながら高い緊張感を持って対策を進めてほしい」と述べ、病床の確保やワクチン接種の推進、協力金の早期支給などを指示。県庁で発生したクラスター(感染者集団)の対応も求めた。

記者会見では「県民による協力のおかげで新規感染者は減少している」としつつ、5割に近い病床使用率などを踏まえて「医療体制は厳しい状況から抜け出せていない」との認識を示した。

その上で「明日からの連休で人流の増加が懸念される。決して安心できる状況ではない」とし、外出自粛の徹底を要請。県内の商業施設で今月に入って人流が増加していることを示すデータも紹介した。