新型コロナ 県内、31人感染 50代男性が死亡 三重

三重県は17日、10歳未満―60代までの男女31人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者が百人を下回るのは8日連続。県内の感染者は延べ1万4361人となった。

また、県は新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していた50代の男性が16日に死亡したと発表。変異株への感染が判明していたという。県内感染者の死者は151人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、四日市で11人、津で8人、鈴鹿で4人、亀山で2人、木曽岬、東員、桑名、松阪、県外、非公表で1人ずつ。このうち17人の感染経路が分かっていない。

17日現在の病床使用率は、前日比0・4ポイント増の45・4%。重症者用病床の使用率は4・9ポイント減の29・5%。自宅療養を含む入院調整中の感染者は243人減の887人で1カ月ぶりに千人を下回った。