四日市 茶入れや茶わん80点 森さん個展 三重

【「繊細な模様を見て」と話す森さん=四日市市安島の山画廊で】

【四日市】三重県桑名市安永の陶芸家、森工人(のりと)さん(50)の個展が16日、四日市市安島の山画廊で始まった。26日まで。20、21日は休み。

父一蔵さん(76)も陶芸家で、親子で作陶に励む。山画廊では2年ごとに個展を開き、今回が8回目になる。

赤絵を中心に、花入れ、茶わん、酒器、湯飲み、コーヒーカップなど約80点を並べた。月下美人やユリ、バラなど白い花だけを描いた直径約45センチの大皿も並ぶ。

四角い形をした花入れには小紋柄があしらわれ、森さんは「繊細な模様をじっくりと見てほしい」と話す。