三重県知事に一見氏 新人2氏を破り初当選

【花束を手に当選を喜ぶ一見氏=津市栗真町屋町で】

鈴木英敬知事の辞職に伴う知事選は12日、投開票され、無所属の新人で元国交省官僚の一見勝之氏(58)=自民、公明、立憲民主、国民民主推薦=が、元県議の岡野恵美(69)=共産推薦=と建設会社社長、石川剛(47)の新人2氏を破り、初当選を果たした。投票率は37・93%で前回を8・75ポイント下回り、過去2番目に低かった。

午後8時ごろ、津市栗真町屋町にある一見氏の選挙事務所に当選確実の一報が入ると、支持者から拍手が上がった。陣営はコロナ禍を理由に万歳を自粛。一見氏は深々と一礼し、スタッフから花束を受け取った。

この後、一見氏は支持者らを前にあいさつ。「あらためて知事の重責に身の引き締まる思い。現下のコロナ対策や人口減少への対応、産業振興などを誠心誠意やらせてもらいたい」と決意を語った。

知事選が三つどもえとなったのは平成23年以来。コロナ禍では初の全県選挙となった。新型コロナウイルス感染症の対応や、感染拡大によって落ち込んだ経済の復興策などが主な争点となった。