外来で「抗体カクテル療法」実施へ 亀山市立医療センターが準備 コロナ重症化対策 三重

【外来用「抗体カクテル療法」の準備を進める市立医療センター=亀山市亀田町で】

【亀山】三重県の亀山市はこのほど、同市亀田町の市立医療センターで外来患者用「抗体カクテル療法」の実施に向け、準備を進めていると発表した。

抗体カクテル療法は、新型コロナウイルス感染症の初期感染者の重症化対策として原則、入院患者を対象としていたが、国が方針を変更し、外来患者にも認められたことで、市は県を通じて国に薬剤使用を申請し、今月3日に国の許可が下りて薬剤の発注が可能となった。

市は、鈴鹿保健所と連携し、医師や看護師、治療室などの体制を早期に整えた上で、外来患者用「抗体カクテル療法」を実施する。対象者は、同保健所管轄の鈴鹿と亀山の2市の市民で、自宅療養する初期感染者とし、医師が必要と判断した人を同保健所が手配する。

同センターの上田寿男地域医療統括官は「8月に入り感染者が急増する中、市民の安心・安全を守る公立病院として、役に立てればと手を挙げた」といい、「非常に効果があるとされている『抗体カクテル療法』で、一人でも多くの重症化を防ぎたい」と話した。