会えないおじいちゃん・おばあちゃんに手書きメッセージを 津松菱、ヒノキ製ハガキ投函 三重

【ヒノキのはがきや特設ポストを手に参加を呼び掛けるスタッフ=津市東丸之内の松菱で】

【津】三重県津市東丸之内の津松菱は11・12日の2日間、同店1階特設会場で敬老の日(20日)に向けたイベント「おじいちゃん・おばあちゃんにひのきのハガキを送ろう」を実施する。各日30枚限定で参加費200円(郵送代含む)。両日とも午後4時まででなくなり次第終了する。

コロナ禍で会う機会の減った祖父母に手書きのメッセージを届けようと昨年に続き2回目。

参加者はヒノキ製のはがきに祖父母に宛て自由に絵や言葉を描き、特設ポストに投函(とうかん)する。同店が20日までに到着するよう発送する。

担当者によると緊急事態宣言下で一部の催事は中止にしたが、同イベントは感染予防対策に配慮し実施するとして「直接会えない中手描きで感謝の気持ちを伝えてほしい」と呼び掛けている。

このほか同店では敬老の日当日の20日午後2時から、館内放送で祖父母に感謝の気持ちを伝えるサプライズの参加者を募集している。参加は無料で持ち時間は1分。先着5人で定員になり次第締め切る。問い合わせは同店=電話059(228)1311=へ。