志摩市議選、選挙違反取締本部を設置 三重

【志摩】任期満了に伴う三重県の志摩市議選(10月10日告示、17日投開票)に合わせ、鳥羽署は10日、同庁舎に選挙違反取締本部を設置した。全署員約100人体制で違反の取り締まりに当たる。

同署によると、平成29年の前回同市議選では、文書・図面の掲示違反への警告が1件あった。今回の選挙では10日現在、違反などは確認されていない。

山上武彦副署長は「選挙の自由と公正を確保するため全署員で取り締まりを図っていきたい」と話した。

選挙違反に関する問い合わせは同署=電話0599(25)0110=へ。