食べて生産者応援 6000人に県産食材プレゼント きょうからキャンペーン 三重

三重県は10日、新型コロナウイルス感染症の影響で需要が減退する県産農畜水産物の生産者を応援するため、「みえの恵み食べて応援キャンペーン」を開始する。昨年度から通算3回目。来年1月10日まで。

県によると、スーパーや直売所など約300店舗で対象の県産品を3点以上購入した人に対し、抽選で計6千人に鹿肉や県産米などを贈る。購入者は商品のシールなどをはがきに貼り、指定の宛先に送付する。

新型コロナの影響で売り上げが落ち込んだ生産者の支援策。事業費は約9千万円で、6月補正予算に計上していた。2―3月に実施した2回目のキャンペーンでは約2万3千件の応募があった。

問い合わせはキャンペーン事務局=電話050(3508)3483=へ。