鈴鹿の魅力、松田選手ら語る Mスポーツのまち 18日にオンライントーク 三重

【18日のオンライントークライブをPRし、参加を呼びかける市職員=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県の鈴鹿市は18日午前10時―11時15分、ビデオ会議システム「ZOOM」で、県出身のレーシングドライバー松田次生選手と、モータースポーツジャーナリスト小倉茂徳さんのオンライントークライブを開催する。定員500人(先着順)。参加無料。参加者の募集締め切りは17日午後1時まで。

「モータースポーツのまち鈴鹿」の魅力を知ってもらおうと三重テラスと共催。松田選手と小倉さんを三重テラスに招き、レースの振り返りや鈴鹿サーキットの特性などを話す。同市役所ともオンラインでつなぎ、市職員が市の特産品やモータースポーツをはじめとする観光資源をPRし、魅力を発信する。

市地域資源活用課は「F1や8耐は中止になったが、市の魅力を知ってもらい、鈴鹿ファンを増やしたい」と話していた。

参加希望者は三重テラスのホームページから申し込む。問い合わせは三重テラス2階事務局=電話03(5542)1035=へ。