卓球前田が現役引退 元日本代表 三重国体中止で

卓球Tリーグ女子の「日本生命レッドエルフ」は8日、元日本代表の前田美優(25)=香川県出身=の現役引退を発表した。成年女子の三重県代表として出場を予定していた三重とこわか国体の中止が決まり、引退を決めた。チームを通じ「20年間続けてきた現役を引退させていただくことになりました。携わっていただいた皆様に感謝しています」とコメントしている。

希望が丘高校(福岡)を卒業した2015年に日本生命に入社。シングルスやダブルスで所属チームに貢献する一方混合ダブルスでも活躍し、17年アジア選手権で田添健汰選手とペアを組んで3位に入った。チームでは「長年トップ選手としてプレーを続ける中で身体の負荷も蓄積し、ケガを抱えながらのプレーは難しく、現役選手としては三重国体を最後に引退する予定としていた」と説明している。