伊勢のカフェ「コノ花咲クヤ」 子どもらに100円弁当 子育て中の母親応援 三重

【久保さん(右)から100円弁当を受け取る子ども=伊勢市辻久留一丁目の「コノ花咲クヤ」で】

【伊勢】三重県伊勢市辻久留一丁目のカフェ「コノ花咲クヤ」が、コロナ禍でも自分らのできることで子育て中の母親を応援しようと、小学6年生までの子どもを対象にした100円弁当の販売を始めている。

オーナーの久保美波さん(28)は、「子どもや子育て中のママに優しいカフェをつくりたい」と6月に同カフェをオープン。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令後、外出自粛で子どもが自宅にいることが増えた母親の力になれることはないかと考え、同弁当の販売を企画した。

子どもがお小遣いで購入できるように価格は100円(税込み)に設定。大人用の弁当と同じ容器にご飯、野菜サラダ、唐揚げ、だし巻き卵、ウインナー、フライドポテトを詰め合わせた。セルフレジを活用し、弁当を購入した子どもが自分でレジにお金を入れ、レシートを受け取る体験もできるようにした。

利用客からは「気持ちが落ち込んでいたがお弁当と一緒にパワーをもらった」「子どもがお金を払う経験は初めてだったので喜んでいた」などと好評を得ていて、100円弁当と一緒に10種類以上のおかずが入った「コノ花ランチBox」(770円)を購入する母親もいるという。

100円弁当は1日10食限定、11日まで。前日午後10時までに予約が必要。緊急事態宣言が延長された場合は販売を継続する予定。

自身も子育て中の久保さんは「お母さんの気持ちが分かるので少しでも力になれれば。コノ花咲クヤを知ってもらうきっかけになればうれしい」と話した。

問い合わせは同カフェ=電話090(7860)4426=へ。