新型コロナワクチン 四日市にも接種会場設置 モデルナ製、25日開始 三重

三重県は8日、新型コロナウイルスワクチンの接種会場を四日市市総合体育館(同市日永東一丁目)に設置すると発表した。モデルナ製を使用し、ツッキードーム(津市藤方)と併せて25日から接種を開始する。

県によると、当初はツッキードームだけで実施する予定だったが、ワクチンが追加で供給される見通しが立ったため、市総合体育館を加えることにした。両会場で計1万6400回分の接種を予定する。

モデルナ製の2回目が未接種の人や妊婦を対象に、13日から県のホームページとホットライン=電話059(224)2825=で予約を受け付ける。17日以降は12歳以上の希望者からも受け付ける。

鈴木英敬知事は8日のぶら下がり会見で「ワクチンを接種したくても、かかりつけ医や相談先がなかったりする若者も多いと思う。少しでも早く接種してもらえるようにしたい」と述べた。