亀山市 知事選、感染対策万全 期日前投票 記載台の鉛筆は使い捨て

【期日前投票をする市民=亀山市役所で】

【亀山】三重県の亀山市は、市役所と関支所の2カ所で始まっている、県知事選挙の期日前投票所で、新型コロナウイルス感染症防止対策として記載台に置く鉛筆をなくし、代わりに受け付けで使い捨て鉛筆を渡し、記入後はビニール袋に入れ処分している。

また、記載台の間隔を空けて1人記載する度に記載台を消毒するなど、感染対策を万全にして対応している。市選管によると、投票所の人数も制限しているという。

期日前投票は11日までの午前8時―午後8時。5日時点で、1722人が期日前投票を済ませている。選挙人名簿登録者数(1日付)は、3万9586人(男、1万9829人・女、1万9757人)。