三重県知事会見 菅首相退陣、ワクチン接種推進評価 国民との関係で指摘

【菅首相の総裁選不出馬表明を受けて報道陣の取材に応じる鈴木知事=三重県庁で】

菅義偉首相が今月の自民党総裁選挙に立候補しないと表明したことを受け、鈴木英敬三重県知事は3日、報道陣の取材に「いろんな思いの中での決断だったと拝察する」と語った。ワクチン接種の推進に尽力したことを評価しつつ「国民とのコミュニケーションや信頼関係の構築に少し難しさがあった」と指摘した。

この日、鈴木知事は「非公式で全国知事会の役員会議をしていたとき」に、菅首相の不出馬表明を把握したという。安倍晋三前首相の辞任表明を受けた記者会見のように、言葉を詰まらせることはなかった。

鈴木知事は「いろんな思いの中での決断だったと拝察する。まさにこれからというときで、おつらい思いもあろうかと思う」とした上で「ぜひ最後の一瞬までコロナ対策に全力を挙げていただきたい」と述べた。

菅首相の功績に新型コロナウイルスワクチンの接種推進を挙げて「アクセルをぐっと踏み込み、リーダーシップを発揮された」と評価。デジタル推進の取り組みも「総理じゃないとできなかった」とたたえた。

一方で「国民とのコミュニケーションや信頼関係の構築で課題があったのは事実。もう少し喜怒哀楽があったら良かったのでは」と指摘。「チーム全体として総理を支える必要があったのでは」とも語った。

次期総裁にふさわしい人物は「コロナ対応に加え、収束後の社会経済活動や地方創生が重要。知見が深くなくても強い思いを持ち、地方の目線を取り入れた政策を展開できるリーダーが望ましい」と語った。