三重県 ツッキードームに集団接種会場 妊婦やモデルナ2回目優先 25日から

三重県は2日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場を、25日からツッキードーム(津市藤方)に設けると発表した。モデルナ製ワクチンの2回目接種を希望する人や妊婦らを優先して受け付ける。

県によると、県外でモデルナ製ワクチンの1回目接種を受けた後、仕事の都合で県内に移動した人などへの接種を目的として開設。里帰り出産を含む妊婦やその家族、未接種の若者なども想定している。

接種は25日から10月末までの土曜と日曜の計8日間に実施。県は1日当たり500―1000回を接種する方向で調整を進めている。今月中旬にも予約を受け付ける方針。近く予約の方法を発表する。

鈴木英敬知事は2日のぶら下がり会見で「ワクチンの接種を受けようと考える若者も増えているのではないかと感じている。そのための環境をつくりたいと考え、接種会場を設けることにした」と述べた。

また、県は6日から三重大付属病院(津市江戸橋二丁目)に設けるアストラゼネカ製ワクチン接種センターの予約が定員に達したため、8日間だった接種日を16日間に増やした。480回の接種を想定する。