尾鷲市 コロナワクチン、妊婦の接種受け付け 三重

【尾鷲】三重県の尾鷲市は1日、新型コロナウイルスワクチン接種を希望している市内の妊婦とその同居家族で、まだ接種ができていない人を対象に、接種の申し込みを受け付けると発表した。

対象者は、同市に住民票を有する妊婦とその同居家族▽里帰り出産のため同市内に居住している妊婦と里帰り先の同居家族―で、いずれも12歳以上の人。使用するワクチンは、ファイザー社製。

1回目の接種は、妊婦が5―10日の午前11時から、同居家族は7日以降、日時を市が指定して実施する。2回目の接種は、1回目の接種の3週間後。

申し込みは、平日午前8時半―午後5時15分の間に、同市福祉保健センター2階福祉保健課への来所か、電話=0597(23)3871=で受け付ける。