三重県知事選 3候補に政策聞く・上

本紙は知事選に立候補した3人にアンケートを実施し、知事選の争点や新型コロナウイルス感染症対策、財政運営などを尋ねた。3回に分けて紹介する。(届け出順)
■一見 勝之候補(58)無新■
―鈴木県政への評価は。
鈴木知事は、三重県の魅力を積極的にアピールするとともに、県政の改革も進めたと承知している。そういう点でかなり努力されたと考えている。

―知事選の争点は。
コロナ対策が今回の知事選の大きな論点。コロナに関しては予防策としてのワクチン接種の加速、治療としての抗体カクテル療法が重要で、この2つを車の両輪として対応していくことが大切だ。加えて県民の皆様へも感染防止の協力を訴えていく。また、県内産業の振興も大きな論点。産業振興に向けて努力する。

―思い描く県の姿は。
三重県は、自分が生まれ、思春期まで育ててもらった故郷。しかし今、コロナ禍の中で苦しい思いをしている方々もいる。災害にも備えなければならないし、経済力も上げ、人口減少を食い止める必要もある。そうした困難な課題に私の知識・経験を活かし、「強靭な美(うま)し国三重」を目指したいと考えている。即ち「安全・安心な三重」で「賑わいのある三重」、「思いやりのある三重」、「未来を拓(ひら)く三重」、「県民とともに歩む三重」をつくりたいと思う。
■岡野 恵美候補(69)無新■
―鈴木県政への評価は。
30点。国政進出のために、新型コロナ感染症の急拡大の最中に県政を放り出すということが、鈴木県政の全てを物語っている。自公政権への忖度(そんたく)政治で医療や福祉の水準が軒並み低く遅れた県になっている。新型コロナ対策についても、国の施策以上に独自のものはない。自然災害への被災者支援見舞金制度を作ったものの、大変少額。残土条例・アウティング禁止条例などをつくることができたが、県外の土砂持ち込みを禁止できず、パートナーシップ制度を書き込むことができず、残念だった。

―知事選の争点は。
自公政権の政策を県政の中で進めることを引き継ぐのか、自公政権の政策ではダメだと新しい県政の形を求めていくのか。新型コロナ感染症対策についても、経済支援策についても。加えて、どの場面でも国の言うことや方針を先取り・まい進するのか、苦境にある県民の声に応ずる施策を打てるかどうか、の対決。巨大プロジェクトを追うのか、地道な暮らしの充実を求めるのか、の対決。

―思い描く県の姿は。
「県民の命」最優先で、福祉・教育・自然(農水・環境・観光)を重視し、その雇用を増やす中で、家計を温め大きく稼げなくても持続可能で心豊かな生活ができる三重。
■石川 剛候補(47)無新■
―鈴木県政への評価は。
正直に言うと、ほとんど県民にとってプラスにはならなかったのでは。私の感覚としては10点ぐらい、パフォーマンスでは100点。十分に時間があったにもかかわらず、身を削って県のためになることをやったのだろうか。サミットも含めて伊勢志摩地域を中心に取り組んだが、残りの県民はどう思うか。子どもたちのために、次の10年間は停滞させてはならない。

―知事選の争点は。
曖昧な言葉やパフォーマンスで停滞する県政を望むのか、しがらみのない県政で抜本的に変えていくかが問われる。政党は何度も名前を変えてきたが、結局は同じ人たちがやっている。大政党が権力を握るために動いてきただけ。若手政治家も長老たちに握られて挑戦しようとしない。さまざまな社会問題をほったらかしにして悪循環をつくってきた。そんなことは常識では通らない。大きな変化が訪れることを期待する。

―思い描く県の姿は。
私が生まれたブラジル・サンパウロ州のように、三重を世界から一目置かれる大都市にしたい。日本の中心にあるのだから、大都市の計画や構想があっても良い。名古屋や大阪は大都市だが、世界的に見れば技術力に限りがあり、これから大きな構想ができるわけではないと思う。ただ、三重に世界の学者や技術を集結したら、きっと名古屋や大阪をしのぐ大都市になるはず。そうなるまでは頑張っていくつもり。子どもたちに誇れる町にしたい。