新型コロナ 四日市でワクチン48回分廃棄 医療機関、冷蔵庫内温度上昇で 三重

【四日市】三重県四日市市は27日、市内の新型コロナワクチン個別接種の受託医療機関で、ファイザー社製コロナワクチン48回接種分を廃棄する事案が発生したと発表した。

市によると、廃棄は当該医療機関でコロナワクチンを保管していた冷蔵庫の管理不十分による庫内温度の上昇が原因。

当該医療機関では27日に個別接種によるワクチン接種を予定していたため、緊急措置として市から、後日当該医療機関に配送予定だったワクチンを前倒しで午前中に配送した。

この医療機関はワクチンの取扱いについて改めて機関内で周知徹底し、今後ワクチンを取り扱う際には2人で行うなど、再発防止に向けた体制を取っていくとしている。