三重県知事選きょう告示 県選管は受け付けリハ

【立候補の受け付け手順を確認する県選管の職員ら=津市北河路町で】

三重県の鈴木英敬知事の辞職に伴う知事選が26日、告示される。コロナ禍では初となる県全域を対象とした選挙は、無所属の新人3氏による三つどもえの戦いとなる見通し。9月12日に投開票される。

立候補を予定するのは、建設会社社長の石川剛氏(47)、元国交省官僚の一見勝之氏(58)=自民、公明、立憲民主、国民民主推薦=、元県議の岡野恵美氏(69)=共産推薦=(50音順)の3氏。

一見氏は26日午前9時ごろ、津駅東口で出陣式を開く予定。一見氏を推薦する政党の県連代表らが出席する見通し。この日は出身地の亀山市で街宣するほか、四日市市や桑名市など北勢を中心に巡る。

岡野氏も午前9時ごろ、津市大門の津センターパレス前で出発式。共産党の武田良介参院議員や稲森稔尚県議(草の根運動いが、2期、伊賀市選出)が応援演説に立つ。この後、鈴鹿市や四日市市を巡る。

一方、石川氏は「感染拡大の影響で街頭での活動を嫌に思う人がいるかもしれない」として、出陣式や第一声は実施しない方針。立候補を届け出た後、報道陣の取材に応じる予定となっている。

県選管は25日、立候補届け出の会場「メッセウイング・みえ」(津市北河路町)でリハーサルを実施し、受け付けの手順を確認した。富永健委員は「迅速かつ的確な作業を」と職員らに呼び掛けた。