県が補正予算案 コロナ対策に94億円追加 三重

三重県は24日の県議会議会運営委員会で、新型コロナウイルス感染症の対策費として約94億円を追加する一般会計補正予算案を提出すると報告した。27日の緊急会議で即日採決の見通し。

県によると、補正予算案のうち約88億円は、県全域の飲食店を対象に20日から実施している営業時短要請の協力金に充てる。「まん延防止等重点措置」の適用に伴う時短要請の延長分も含む。

このほか、飲食店が営業時短要請に従っているかどうかを確認する見回りを実施する費用として約1億円を計上。無症状者の把握を目的として、若者を中心にPCR検査を実施する費用に約5億円を充てる。

県は補正予算の全額を新型コロナに関連する国の交付金で賄う。新型コロナ関連の補正予算案を提出するのは令和元年度最終補正予算以降で22回目。対策費の総額は約1968億円に上る。