保健所に支援強化を 新政みえ コロナ拡大で三重県に緊急提言

【服部副知事(左)に提言書を手渡す舟橋代表=県庁で】

新型コロナウイルスの急拡大を受け、三重県議会の最大会派「新政みえ」(21人)は23日、感染症の対応に当たる保健所に対する支援の強化や新たな宿泊療養施設の確保を求める緊急提言を県に提出した。

提言は、自宅療養者を含む入院調整中の感染者が県内で2千人を超えていると指摘。「体制の不十分さや医療の逼迫(ひっぱく)によって県民の命が失われることを、なんとしても回避すべき」と訴えた。

その上で、新規感染者の初動対応に当たる保健所に対する支援の追加や、新たな宿泊療養施設の確保を要請。自宅療養中や入院調整中の感染者が酸素投与を受けられる「酸素ステーション」の設置も求めた。

この日、舟橋裕幸代表らが県庁を訪れ、服部浩副知事に提言書を手渡した。舟橋代表は「保健所の職員は疲弊し、自宅療養の感染者は不安を抱えている。重く受け止めて対応してもらいたい」と述べた。

服部副知事は自宅療養者に対する支援の拡充や宿泊療養施設の有効活用に向けた取り組みを進めていると説明。酸素ステーションは「すぐに設置というわけではないが、検討に掛かっている」と語った。