知事杯社会人・大学野球選手権 ホンダ鈴鹿が3連覇 三重

【知事杯決勝で完投したホンダ鈴鹿・平尾=ダイムスタジアム伊勢で】

三重県知事杯社会人・大学野球選手権大会(伊勢新聞社など後援)は21、22の両日、伊勢市楠部町のダイムスタジアム伊勢で行われ、社会人野球のホンダ鈴鹿が3年連続3度目の優勝を果たした。

社会人野球のJABA三重県野球連盟と東海地区大学野球連盟三重県リーグの共催。両団体のレベルアップと連携強化、県内の野球競技普及を目的に年1回開き今年で3回目を迎えた。

ホンダ鈴鹿は1回戦で今年の東海地区大学春季選手権準優勝の皇學館大を5―3で退けると、準決勝で鈴鹿大を7―0の七回コールド、決勝で三重高虎ベースボールクラブを8―1の八回コールドで下して3連覇した。

決勝では終盤にかけて得点を重ね、投げては平尾奎太(大阪桐蔭高―同志社大)が1失点完投。2017年入社でホンダ鈴鹿投手陣では最年長という平尾は9月に控える都市対抗野球東海地区予選に向け「お互い高め合ってまずは第1代表を目指したい。自分自身は先発、抑え、リリーフどの場面を任されても全力で投げたい」と話した。