国体選手らにせんべい 伊勢、マスヤが1万袋寄贈 三重

【鈴木市長におにぎりせんべいを贈った浜田社長(右)=伊勢市神田久志本町で】

【伊勢】三重県伊勢市の菓子メーカー「マスヤ」は20日、三重とこわか国体・とこわか大会伊勢市実行委員会に、看板商品「おにぎりせんべい」(25グラム)1万袋を贈った。同国体で訪れる選手や大会関係者に配られる。

同市神田久志本町の実行委事務局で贈呈式があり、同社の浜田吉司社長(57)が、実行委会長の鈴木健一市長に贈った。市内開催競技の選手や監督らに、地元の菓子として配布する。

浜田社長は「開催には苦労や困難があると思う。全国から集まるアスリートの方々に、三重の菓子を味わってもらい、思い出の一つにしていただければ」と話した。