三重県知事選 岡野陣営が事務所開き 「優しい県政に」

【事務所開きで「ガンバローコール」をする岡野氏(左)ら=津市桜橋1丁目で】

鈴木英敬三重県知事の辞職に伴う知事選(26日告示、9月12日投開票)に無所属で立候補を予定する元県議、岡野恵美氏(69)=共産党推薦=の事務所開きが21日、津市桜橋二丁目の共産党県委員会であり、支援者ら約20人(主催者発表)が岡野氏を激励した。

岡野氏はあいさつで「県政は国に追随し、その姿勢は社会保障の低さに表れている」と批判し、リニア中央新幹線の建設を中止して社会保障や生活交通の充実に向けた取り組みを進めると強調。「皆さんの願いを受け、県政を優しい方向に切り替える」と訴えた。

支援団体の代表らは「県民に優しい県政を進める岡野さんを全力で支援する決意」「税金の使い道にメスを入れてほしい」などとあいさつ。新型コロナウイルスの感染防止対策として、声を出さずに「ガンバローコール」のポーズで岡野氏を激励した。