津市長 「知事は冷静な判断を」 国体開催可否で 三重

【津】三重県津市の前葉泰幸市長は20日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症が急拡大する中での三重とこわか国体の開催可否について「鈴木英敬知事には冷静に客観的なデータに基づき判断してほしい。市民の安全や感染を広げないことが全てに勝る」と述べた。

前葉市長は、感染の急拡大を受け「国体会場で感染者が出てしまうことや、国体に来た選手の中から感染者が出てしまうことが現実になった。非常に厳しい現実を突き付けられている」との認識を示した。

鈴木知事の判断を「どういう判断であろうと受け入れる」としながらも「このまま実施となれば追加的な対策は非常に大変。人員の確保や感染が出た場合の対応など難しいオペレーションになる」と述べた。

一方で「ここで中止や延期となった場合、一生懸命準備してきたアスリートの気持ちを思うと耐えられない。協力いただいた事業者や団体、市民にも申し訳ない。ここで中止となるとそれもつらい」とも語った。