鈴鹿サーキット F1日本GPが中止 2年連続、コロナ影響 三重

【鈴鹿】三重県鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットを運営するモビリティランド(田中薫社長)は18日、同サーキット国際レーシングコースで10月8―10日に予定していた「2021 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース」(F1日本GP)の開催中止を発表した。昨年に続き、中止は2回目となる。

英国のF1統括団体フォーミュラワンと、日本GPを主催するモビリティランドの両者で協議。新型コロナウイルス感染症の影響で、F1海外関係者の日本入国が困難なことから中止を判断した。

今年でホンダのF1参戦が最後になることや、7年ぶりの日本人ドライバー角田裕毅選手の活躍など話題も多く、開催に向けた期待も大きかった。

田中社長は「非常に苦しく、悔しく、残念な決断となった。2年連続中止という極めて悔しい決断となったが、われわれはこの瞬間より来年の開催に向けてスタートする」とコメントした。

開催中止の知らせを受け、鈴鹿市の末松則子市長は「本当に残念の一言に尽きる思い。市への訪問を楽しみにしていたみなさんに対し、来年に向けてしっかりと準備を進めていく」、鈴木英敬知事は「大変残念に思う。来年に向け『オール三重』で準備を整えていく」とそれぞれコメントした。