鈴鹿市長 国体「踏み込んだ判断を」 県内コロナ拡大で 三重

【「さらに踏み込んだ判断が必要」との考えを話す末松市長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市の末松則子市長は16日の定例記者会見で、来月に迫った三重とこわか国体の開催について、「すでに有観客か無観客かという次元の話ではない。さらに踏み込んだ判断が必要な時期にきているのではないか」との考えを示した。記者の質問に答えた。

末松市長は市内の感染状況を鑑み、「確実に子どもたちの感染が増えている。今後の予測がつかない」と現状を危惧。感染拡大を防ぐため、パラリンピックの採火式や全国中学校総合体育大会出場者激励会など、現在は子どもたちが集まる市主催イベントを全て中止していることを説明し、「参加する選手は10代、20代の若者が中心。市職員のワクチン接種は進めるが、ワクチン接種ができていない子どもたちの健康、安全をどう担保していくのか」と話した。