点描や糸で円輪に模様 津「曼荼羅アート」丸山さんが展示 三重

【曼荼羅アートを紹介する丸山さん=津市庄田町の「スイーツかえるはうす」で】

【津】点描や糸で円輪に模様を表現する曼荼羅(まんだら)アートの作品展が、三重県津市庄田町のカフェ「スイーツかえるはうす」ギャラリーで開かれている。同カフェ代表で作家の丸山佳代さん(51)=同市稲葉町=の作品19点を展示している。30日までの毎週日・月曜の午前11時―午後3時に開店する。

丸山さんは平成25年に曼荼羅アートを始め、作品集の出版や講座での指導をしている。並行して同28年から動物性の材料を使わず加熱しないロースイーツなどの専門店を開いており、今月改装してカフェとギャラリースペースを併設した。

黒色の紙と水性ペンを使い、円輪の中に自由に置きたい場所に点を置いた左右非対称の点描曼荼羅「あふれる」や、放射状に打ったピンに規則的に絹糸をかけ模様にした糸かけ曼荼羅などを展示している。

丸山さんは「点描をし始めると思いがけないものが出てきてあふれる思いに気づく」と魅力を話した。問い合わせは同店=電話059(272)4139=へ。