スマホで関宿散策を 亀山市観光協会が案内図配信 三重

【画面に表示した関宿イラスト案内図】

【亀山】三重県の亀山市観光協会は、東海道五十三次47番目の宿場町「関宿」の町並みを案内する、GPS対応のスマートフォン版観光ガイド「関宿イラスト案内図」の配信をこのほど開始した。ウエブ表示用2次元(QR)コードを読み込むことで利用できる。

関宿街道は、東西追分間約1.8キロに、江戸時代から明治にかけ建てられた古い町家約200軒が残る歴史的町並みとして、昭和59年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

案内図には、本陣跡や関の山車会館など名所、旧跡約30カ所を表示。各場所ごとに説明文を載せているほか、ガイドマークを押すと「まちなみ」と「町屋」のモデルコース2つが楽しめる。また、GPS機能で自分の位置情報も確認でき、どの方向に歩いているかが分かる。

【観光客用「関宿イラスト案内図」を知らせるポスターを持つ亀山市観光協会職員=亀山市関町新所の市観光協会で】

同協会は「関宿観光駐車場や街道各所に案内図を知らせるポスターを掲示しているので、利用して自由に自分流の散策を楽しんで」と呼び掛けている。問い合わせは同協会=電話0595(97)8877=へ。