三重高野球部にミネラルウォーター 甲子園出場で関西大阪県人会が激励

関西大阪三重県人会(会長・村田吉優サイネックス社長)はこのほど、第103回全国高等学校野球選手権大会に出場する三重高校硬式野球部へ、激励品としてミネラルウォーター「めぐるる」(井村屋)を同校が滞在する大会宿舎へ贈った。

同会は、甲子園に出場する春、夏の県代表校に激励会を毎回開催しているが、新型感染症の拡大防止を考慮し、今夏は激励品のみを贈呈。

村田会長は「無観客開催となり、関西大阪三重県人会として甲子園で声援を送ることはかないませんが、地元松阪市の香肌峡のミネラルウォーターを飲んで、準優勝した7年前の快進撃を超える活躍を期待しています。」と激励のメッセージを寄せた。

三重高校は大会第6日目、第3試合で鹿児島県代表の樟南高校と初戦を迎える。