兄を包丁で刺す 殺人未遂疑い、52歳男逮捕 桑名署 三重

【桑名】三重県の桑名署は11日、殺人未遂の疑いで、韓国籍で桑名市上野、作業員の男(52)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後5時25分ごろ、自宅で同居している兄の無職男性(56)の腹部や背中などを刃体16センチの包丁で刺した疑い。男性は四日市市の病院に搬送されたが、命に別条はないという。男は「首や腹、背中を包丁で刺したことは間違いありません。パニックになって殺意があったかどうかわかりません」と一部否認している。

同署によると、男は母と兄の3人暮らしで、兄弟は普段から不仲だったという。男は「兄から暴言を吐かれて怒りが爆発した」と供述しているという。