国体向け強化練習 伊勢の陸上競技場で三重陸協 県候補選手73人が参加

【とこわか国体に向け練習に励む選手ら=伊勢市の三重交通Gスポーツの杜陸上競技場で】

【伊勢】来月に開催を控えた三重とこわか国体に向け、三重県の陸上競技の出場候補選手の強化練習会が11、12の両日、競技会場となる伊勢市の三重交通Gスポーツの杜陸上競技場で開かれた。

候補選手73人が参加。短距離や中長距離、競歩、跳躍、投てきの各種目で練習に励んだ。今月下旬に出場選手29人が選出される。

三重陸上競技協会の山本浩武強化委員長(59)は「いいチームになった。期待できる種目もある」と語り、「選手たちは、感染予防や体調管理を徹底して準備している。開幕まで50日を切り、練習会を通じモチベーションを高めていきたい」と話した。