三重県 時短要請の協力金申請受け付け 特例で期限を延長

三重県は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた営業時短要請の協力金を期限までに申し込めなかった飲食店を対象に、再び申請の受け付けを始めた。9月17日まで受け付ける。

県によると、いずれの協力金も申請に期限を設けていたが、今後も営業時短要請を出す可能性がある中で事業者への「丁寧な対応」が必要と考え、特例として実施することにした。

4月26日から6月30日まで実施した3回の営業時短要請に伴う協力金を対象とし、当時の要請に従ったことが条件。期限までに申請ができなかった理由は問わない。150件程度の申請を想定している。

県のホームページに掲載している申請書類に必要事項を記入するなどし、委託先の事業者に郵送して申し込む。問い合わせは相談窓口=電話059(224)2247=へ。