流れ星をみんなで見よう 12日夜に鈴鹿峠自然の家で観察会

【イベントのポスターを持ち参加を呼び掛ける滝本代表=亀山市関町沓掛の天文台「童夢」で】

【亀山】亀山の市民団体「坂下星見の会」(滝本麻須美代表)は12日午後7時から、三重県亀山市関町沓掛の鈴鹿峠自然の家グラウンドと隣接する天文台「童夢」でイベント「みんなで流れ星を見よう」を開催する。参加無料。雨天の場合は中止。

当日は、グラウンドに寝転がり、毎年8月の中旬ごろ見える「ペルセウス座流星群」を肉眼で楽しむほか、流れ星や夏の星座に関する天文教室や同自然の家の外壁に投影する「プロジェクションマッピング」、童夢の大型天体望遠鏡で天体観察なども楽しめる。

参加対象は、新型コロナウイルス感染症防止のため、県内在住者とした。滝本代表は「各自敷物持参の上、虫よけ対策も忘れずに、グラウンドでは密集を避けるため、家族同士間隔を空けて楽しんで」と呼び掛けている。問い合わせは滝本代表=電話090(7916)9907=へ。