四角いシュークリーム限定販売 伊勢のオランジェカフェウッド、「志摩地中海村」に出店 三重

【四角い形が特徴の「キューブシュークリーム」を紹介する奧野さん=志摩市浜島町迫子の志摩地中海村で】

【志摩】三重県伊勢市中村町の結婚式場「ザ・オランジェガーデン五十鈴川」敷地内のカフェ「オランジェカフェウッド」は31日までの期間限定で、志摩市浜島町迫子のヴィレッジ&ホテル「志摩地中海村」に出店し、同カフェの人気スイーツ「キューブシュークリーム」を販売している。価格は1個税込み400円。

同カフェでは月替わりランチなどのほか、結婚式場のパティシエが作るスイーツを味わうことができる。コロナ禍でブライダル業や飲食業が苦境に立たされる中、「自宅でおいしい物を食べてもらいたい」と、パティシエがテークアウト中心の新商品開発に取り組み、キューブシュークリームが誕生した。

特徴はシュークリームには珍しい四角い形。「見た目だけでわくわくするように」と、何度も試作を重ねて6センチ四方のきれいな四角形に仕上げ、滑らかでバニラの香り豊かなカスタードクリームを隅々までたっぷり詰め込んだ。同カフェでは昨年10月から販売を始め、好評を得ているという。

今回はグループ会社の同ホテルから声掛けがあり、「たくさんの人に食べてもらいたい」と出店。施設内の多目的スペース「カハリブレ」で午前11時から販売している。

オランジェ広報担当の奧野早奈美さん(29)は「結婚式のスイーツを担当するパティシエがこだわって作ったシュークリームをぜひご賞味下さい」と話した。