新型コロナ三重県内73人感染 スポーツ教室でクラスター

三重県は8日、未就学児から90代までの男女73人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染者数としては、過去4番目に多い。県内の感染者は延べ6282人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、鈴鹿で18人、四日市で16人、津で11人、伊勢で7人、亀山で6人、桑名と菰野で3人ずつ、松阪で2人、いなべ、木曽岬、東員、川越、明和、尾鷲、県外で1人ずつ。40人の感染経路が分かっていない。

スタッフや生徒ら3人の感染が判明していた津市内のスポーツ教室で、新たに10歳未満の女児2人の感染を確認した。県は8日、教室を92例目のクラスター(感染者集団)と認定。46人を検査する。

明和町の男子中学生は感染者の接触者として7日に検査を受けて陽性と判明。5日まで登校していたといい、県は部活動の指導者や生徒ら18人のほか、習い事の関係でも4人を検査する方針。

8日現在の病床使用率は前日比3・0ポイント増の47・7%となり、国の指標でステージ4(爆発的感染拡大)に相当する50%に迫っている。重症者用病床の使用率は4・0ポイント増の16・0%。