「ゴマちゃんを膝枕」再開 伊勢シーパラダイス、期間限定で 三重

【ゴマフアザラシとのふれあい体験を楽しむ来館者(右)=伊勢市二見町江の伊勢シーパラダイスで】

【伊勢】三重県伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」はこのほど、新型コロナウイルスの影響で中止していたゴマフアザラシとのふれあい体験「ゴマちゃんを膝枕体験」を31日までの期間限定で再開した。アザラシの重みや触り心地などを体感できると来館者の人気を集めている。

平成28年、国内で初めてゴマフアザラシを膝枕する体験がスタート。たくさんの来館者が距離感ゼロのふれあいを楽しんできたが、コロナ禍のため、昨年3月から同館の全てのふれあい体験が中止となった。

11月には一部の体験を再開したが、来館者との距離が近い膝枕体験は中止を継続。今回は感染症対策を徹底した上で先月末から膝枕体験を再開した。今後は感染状況などを踏まえ、継続を検討していくという。

対象は小学生以上、1回につき5人限定。体験は1日1回(午後0時10分)だが、7―15日まで1日2回実施(正午と午後3時45分)。体験料はオリジナル缶バッジ1個付き1人1000円。事前予約制で体験日3日前から同館ホームページ内の特設サイトで申し込むことができる。

栃木県から訪れた江原麻菜美さん(34)は「思ったよりもアザラシの重みを感じた。いろんな水族館に行ったが間近でふれあえる体験は伊勢シーパラダイスでしかできない。アザラシファンはぜひ体験してほしい」と話した。

飼育員の米山由貴惠さん(25)は「スタッフも体験を楽しんでやっている。アザラシ好きの方が午前0時ぴったりに申し込んでくれるのでうれしいです」と話した。