山田選手に県民栄誉賞 フェンシング男子エペ団体金 三重

鈴木英敬三重県知事は6日のぶら下がり会見で、東京五輪のフェンシング男子エペ団体で金メダルを獲得した鳥羽市出身の山田優選手(27)に県民栄誉賞を贈ると発表した。18日に県庁で表彰式を開く。

県によると、県民栄誉賞は昭和54年に創設。マラソンの野口みずきさん、レスリングの吉田沙保里さんと土性沙羅さん、車いす陸上の伊藤智也さんに授与し、山田さんで5人目となる。

鈴木知事は「コロナ禍でも県民に明るい希望と大きな感動を届けてくれた。県としても、フェンシング競技の歴史に新たな一ページを刻んだ山田さんの偉業を県民と共に喜びたい」と述べた。