桑名 秦さんボトルシップ展 三重で初、作品34点 三重

【作品展を開いた秦さん=桑名市大仲新田の川スミメガネ本店で】

【桑名】愛知県稲沢市の秦鐘治さん(71)は6日、三重県桑名市大仲新田の川スミメガネ本店ギャラリーで作品展「ボトルシップの世界」を開いた。瓶の中で帆船の模型を組み立てた「ボトルシップ」の作品を紹介している。12日まで。

もともと趣味で大型帆船模型を制作していた秦さん。39年前に独学でボトルシップを作るようになった。ホームページを開設し、自身が手掛けた作品を紹介すると、マスコミ関係者から声が掛かるようになり、これまでテレビドラマや映画、CM、シンガーソングライターの森山直太朗さんのCDジャケットや歌詞カードにも、秦さんの作品が使用されている。

三重県で作品展を開くのは今回が初めて。ここ20年の間に制作した作品の中から34点を並べた。実際にテレビドラマで使用された作品や、長さ3センチ、直径1センチの小さな瓶に入れた「マイクロボトルシップ」と名づけた小品もある。

秦さんは「完成したときの喜びはひとしお。1人でも多くの人に、ボトルシップの魅力を知ってもらえたら」と話した。