東京五輪 水球女子、初の五輪は全敗 いなべ出身、岩野2得点も 三重

東京五輪第10日の1日、三重県内からは、ともにいなべ市出身の岩野夏帆(秀明大)が水球女子の、西田有志(ジェイテクトSTINGS)がバレーボール男子の1次リーグに出場した。

既に1次リーグ敗退が決まっている水球女子は、五輪初勝利を目指して1次リーグ最終戦のROC戦に臨んだが、16―20で敗れ4戦全敗で初の五輪を終えた。岩野の2得点などで序盤競り合いに持ち込むが第2ピリオド以降徐々に引き離された。