DF旗手「次も勝てるようにしっかり準備」

サッカー男子の準々決勝が31日、茨城カシマスタジアムであり、日本はニュージーランドと対戦。試合には三重県鈴鹿市出身のDF旗手怜央(23)=川崎フロンターレ=が先発出場した。

日本は一次リーグA組で3戦全勝し、1位通過した。ニュージーランド戦では前半戦、後半戦で互いに無得点のまま延長戦に突入。PK戦で4―2で勝利し準決勝に駒を進めた。

旗手はゴール前でヘディングシュートを放ったが、得点に結びつかなかった。試合を振り返り、前半攻撃がうまくいかなかった理由を「ボールを持っているときに迷いながらプレーした」と話し、「後半は前に前に運ぼうという意識でできたことがよかった」と話した。「次も勝てるようにしっかり準備したい」と意気込んだ。