「認知症等高齢者等個人賠償責任保険」亀山市、あすから加入者受け付け

【肩に貼り付けた認知症等高齢者見守りシール=亀山市羽若町の市総合保健福祉センターで】

【亀山】三重県亀山市は、市の新たな事業「認知症等高齢者等個人賠償責任保険」が9月1日から運用開始となるのに先立ち、今月2日から加入者の受け付けを開始する。県内では四日市、松阪両市などに続き4市目となる。

同保険は、認知症などの高齢者を被保険者として、市が保険契約者となり賠償責任保険に加入。保険料は市が負担する。被保険者が誤って線路内に立ち入り電車を止めてしまった場合や他人の財物を壊してしまった場合、日常生活で他人にけがをさせた場合などの補償を保険で支払う。

保険への加入は、市内在住の65歳以上の介護保険の要介護・要支援者、または医師により認知症と診断された人で、「認知症等高齢者見守りシール」の交付を受けることが条件。申請者は親族。申請受け付け後、保険への加入の可否を決定するという。

肩や胸、持ち物に貼り付ける同シールは、二次元コードが印刷されたシールを読み取ることで、自力で帰宅が困難な認知症の人の本人確認や家族への連絡ができ、早期発見、保護につながる。

市の担当職員は「認知症高齢者への対応は喫緊の課題。暮らしのセーフティーネットの一つとして支援に取り組む事業だ」と話していた。申し込み、問い合わせは市長寿健康課=電話0595(84)3312=へ。