夏の御在所岳で「赤」を楽しもう ゴンドラ、アカトンボ、赤い料理やスイーツ

【「REDキャンペーン」をPRする社員=菰野町で】

【三重郡】夏の御在所岳を楽しんでもらおうと、三重県菰野町の御在所ロープウエイは、「赤」にちなんだ「REDキャンペーン」を実施している。アカトンボ(アキアカネ)の観察会を開き、レストランではトマトやイチゴを使った料理とデザートを提供している。8月31日まで。

今年50周年を迎えたトンボの観察会「アカトンボふる里さがし大作戦」は、昭和46年から続く夏恒例のイベント。アキアカネの行動範囲を調べるマーキング調査を毎日、実施。参加者はトンボを捕まえて、羽に油性ペンで「G」マークをつける。参加は無料で、御在所岳山上にある「ございしょ自然学校」で、当日の午前10時―午後3時の間に申し込む。

展望レストラン「ナチュール」では、さくらポークに自家製ケチャップソースを絡めたポークチャップと野菜やご飯を一皿に盛り込んだ一日20食限定のワンプレートランチ(税込み1300円)や、イチゴソースがかかったパンナコッタ(同450円)を提供している。

問い合わせは御在所ロープウエイ=電話059(392)2275=へ。